Another World

二度目の人生を強くてニューゲームするための記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おからクッキー

おからクッキー。
おからクッキー


バター90g
砂糖60g~
タマゴ2
おから150g
薄力粉300g
ベーキングパウダー20g

0、バターと砂糖を常温にしておいておく。薄力粉はふるう。ぱたぱた。

1、砂糖とバターを混ぜる。しゃかしゃか!

2、とき卵を少しずついれる。くるくる。

3、おからダイブ。ぐるぐる。

4、ベーキングパウダーと薄力粉いれる。がしがし。

5、成形して寝かす。おやすみ。

6、切って焼く! 170℃で20分くらい。

 おなかにすごくたまる! しあわせ!
  1. 2011/06/29(水) 18:55:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学力とは

 いわゆる頭がいい悪い、というところの1ジャンルとしての学力。
 なんらかの媒体からの情報を受信・認識・理解する能力。誰でもそのくらいできるだろう、と思っていましたが、ガチでできない人がいたので新発見。読んでわかることは読んでくれ。私も鬼じゃないんだから理解できないのは許すけど、聞いていないで何度も言わすのはやめてほしい。
 と、上から目線になってしまいましたが、たぶん私よりもはるかに上位に位置する頭脳を持つ人は私がかなりのエネルギーを消耗してなお字の上を目が滑る学術書を当たり前みたいに読めてしまうわけで学力レベルでの格の違いを覚えます。

 高学歴である必要はないけどある程度のこうした力はほしいよね。努力で身につくものなんだから、嘆くことはないのです。
  1. 2011/02/24(木) 20:09:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イッシュ・トリックルームあれこれ

116エルフーン いたずらごころ・補助技多数
114ココロモリ てだすけ
97 シンボラー マジックガード・ミラクルスキン・じゅうりょく
90 ギギギアル はがねタイプ
80 シャンデラ ふういん・ゴーストタイプ・ねっぷう・c145
65 ゴチルゼル おみとおし
60 ブルンゲル のろわれボディ・ゴーストタイプ
50 タブンネ  いやしのこころ・おさきにどうぞ・シンプルビーム・アンコール
40 オーベム  シンプルビーム・テレパシー
30 デスカーン ミイラ・ゴーストタイプ・うそなき・ふういん・かなしばり
  ランクルス マジックガード・ふういん・c125
29 ムシャーナ よちむ・テレパシー・ふういん・てだすけ

省略しているけど「シンプルビーム」に加えて一部のポケモンの「スキルスワップ」「なかまづくり」は特性を実質的に無効化できる。強力な特性をもつものが多いイッシュのポケモンには効果的。もちろん味方に打つギミックもあり。
トリックルームを使えるくせにアホみたいな火力をもつシャンデラとランクルスはDPまでにいなかった画期的なポケモン。
ゴチルゼルの「おみとおし」ムシャーナの「よちむ」は不安定ながら相手の構成を類推することができる。
「ふういん」はトリックルームに限らず考察の余地あり。上記以外に、ゾロアーク、バイバニラ、ランドロス。
  1. 2011/01/03(月) 21:17:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポケモンの砂漠

 カバルドン。ワルビアル。ガブリアス。
 それぞれカバ、ワニ、サメのポケモンだがタイプも地面で、ほとんど"水"の要素がなく、むしろ相性が悪い。カバルドン、ワルビアルは砂漠に生息するポケモンで、ガブリアスは(進化前の)出現地こそ洞窟だが砂が吹いていることによる恩恵が大きい。と砂漠のイメージが強いポケモン。
 あとは水辺のイメージがある動物モチーフとしては、ドンファンもゾウだけどタイプは地面で水タイプのわざをなにひとつ覚えずみずタイプを抜群で受ける。10年前はみずでっぽうまでは覚えることができた。
 知っている人は少ないだろうが、カバルドンは実は"みずのはどう"を覚えるので製作者としてもまったくカバとイメージを切り離したわけでもないみたい。ガブリアスが"なみのり"や"うずしお"を覚えるのはけっこう有名。

 砂とは無関係だけれど、水棲生物モチーフでありながら水の要素が薄いのは他にシビルドンなんてポケモンも。図鑑上は海に生息するでんきウナギ風の外見のポケモンでありながらタイプは電気のみで水タイプの技も氷タイプの技も一切覚えず火を噴いたり常時宙に浮いていたりとやりたい放題。タマゴグループも不定形(ベトベトンやゲンガーと交配でき、みずタイプの多くとはタマゴがなせない)。
 砂との相性は悪くないので一緒にパーティに入れてみても。
 シビルドンと似たようなイメージでマッギョ、というポケモンもいるけどこちらはみずタイプの技をちゃんと覚える(でんき/じめんタイプ)。

 水を泳ぐ代わりに砂を泳ぐ、というイメージは二次元では一般的だったりするんでしょうか。すぐにはあまり数は思い出せないけれど……。
 この記事を書いている最中にカバとクジラは生物学的に近縁ということを知りました。へー。
  1. 2010/12/19(日) 12:29:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

主観と客観

同じ内容であっても主観と客観で印象はまったく変わってくる。

簡単にいうと、

「彼女は魅力的な女性だった」

「彼女は魅力的に思えた」

うむ?
よくいわれる、いったことがそのまま事実になるわけじゃない、みたいな話と絡んでくるのかなあ。「彼は天才だ」といわれても作中でへまを重ねたら無能に見えるっていうあのあれ。
  1. 2010/12/14(火) 20:07:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

tworon

Author:tworon
生きた足跡を残していきます。
漫画ポケモン料理その他混沌。コンセプトは自分の二回目の人生へ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
自分メモ (2)
ポケモンメモ (47)
漫画メモ (15)
ゲーム民俗学 (4)
poke data (3)
料理メモ (3)
小説感想 (16)
ビジネス (1)
漫画感想 (8)
キャラクターを見る (8)
手軽にそれなり (6)
日記 (5)
その他読書メモ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。