Another World

二度目の人生を強くてニューゲームするための記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感想【夜は短し歩けよ乙女】

つまんねえ。超つまんねえ。風情のかけらもありゃしねえ。

先輩は、とても親切な、愛に満ち溢れた人です。

ーー作中本文より。


夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2012/09/01)
森見 登美彦

商品詳細を見る




この作品には二つの世界が存在する。
リアルと、ファンタジーである。
主人公たる先輩が存在するのはリアル。後輩の存在するのはファンタジーである。
リアルの住人である先輩はどうでもいいことでうじうじ悩んで、外堀を埋めることにばかり心を砕く。同様に、パンツ総番長は完全に間違った方向への努力を怠らないし、学園界を運営する
対してファンタジーの住人であるは達磨を首から下げて緋鯉を背負って歩く黒髪の乙女である。天狗を自称し空中を闊歩する怪人である。古本市の神様である。学園祭に神出鬼没する韋駄天コタツである。

かみ合うわけがない。
かくして、先輩は苦労し、画策し、後悔し、消極的なアプローチを繰り返す。

という作品、だと思っているけどあってるかな。
リアルとファンタジーは判然としておらず、入りじまっているような印象だけど。
『御都合主義者かく語りき』での学園祭は特に顕著で、パンツ総番長は恋愛面ではリアルだけど韋駄天コタツでキャンパスを疾走するあたりは明らかにファンタジーの存在。
主人公たる先輩はその一線を越える必要があるのに対して、明らかな主人公補正を伴うのは後輩の方である。先輩はいくら偶然彼女に会っても一向に進展しないのに対して、後輩はセクハラをされてもやんわりと御し、学園祭を歩けば主演女優になる歩く主人公なのである。
先輩はそこに泥臭くも強引に割って入り、黒髪の乙女を抱きしめることになるのである。

いかにも御都合主義であるところに、主人公のエゴイズムが割って入り、御都合主義なエンディングを迎える。
故に、この作品は恋愛ファンタジーなのである。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/21(木) 20:24:13|
  2. 小説感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ポケモン シングル 】 催眠術対策あれこれ | ホーム | 感想【あまくてにがい(1)】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tooron.blog135.fc2.com/tb.php/190-e8f93cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tworon

Author:tworon
生きた足跡を残していきます。
漫画ポケモン料理その他混沌。コンセプトは自分の二回目の人生へ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
自分メモ (2)
ポケモンメモ (47)
漫画メモ (15)
ゲーム民俗学 (4)
poke data (3)
料理メモ (3)
小説感想 (16)
ビジネス (1)
漫画感想 (8)
キャラクターを見る (8)
手軽にそれなり (6)
日記 (5)
その他読書メモ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。