Another World

二度目の人生を強くてニューゲームするための記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感想【高杉さん家のお弁当 1巻】


高杉さん家のおべんとう 1高杉さん家のおべんとう 1
(2010/01/23)
柳原 望

商品詳細を見る


“でも あんな風に自分のために空回ってくれたら 幸せでしょうね”



中学一年生の美少女と寝食を共にする。
という、ともすればあざとさを感じがちな設定を見事に使いこなした作品。ヒロイン? の久留里ちゃんも、一般にイメージされる美少女像を越えて生き生きとした人格として描写されていることや作中で幾度も美少女と生活する三十路男、という点を揶揄していることなどから読者に媚びた印象は薄い。
全体として人間描写が秀逸でリアリティがある。主人公・高杉温巳はオーバードクターで、子育てはおろか恋人さえいない。その状況でいきなり中学生の同居人ができたのだから、それは狼狽するし躊躇するしGoogleに頼るしどう接していいのかわからない。また、使う予定の食材を使われてショック、だとかセールにいけなくて機嫌が悪い、といった大人になれば別に気にならない機微も丁寧に描かれている。
また、同級のなつ希ちゃんも過去に見たことのない造形だった。当初はテンプレートの嫌なやつだと思ったが、敢えていじめっこ、という汚れ役を引き受けることで久留里ちゃんがひどいいじめに合うことを防ぎ、陰惨な展開を防いでいる。
久留里ちゃんに一生懸命ハンバーグをいろんなパターン作るあたりも研究者っぽい。
と、まあいろいろ書いたが単純に久留里ちゃんがかわいい。次第に懐いてくる様子も愛しいし、半目になっているところも愛らしい。

節約、というコンセプトはきのう何食べた? にも通じるものである。プロでない、日常系の料理漫画ならば定番なのだろうか。女子中学生との生活、と中年の同性愛者カップル、というのは近いのか遠いのか。

でもお弁当作りって大変だよね。自分が食べるだけなら同じメニューをループすればいいだけだけど、家族の場合は特に。
ああ。鮭フレーク作りたいな。学生だった頃は口臭なんか気にしなくていいから大量の炒めたニンニクや炒りごまと合わせたのを用意してたんですよね。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/24(日) 00:05:15|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ポケモン】受け回数の統一 | ホーム | 感想【ダークゾーン】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tooron.blog135.fc2.com/tb.php/185-032086cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tworon

Author:tworon
生きた足跡を残していきます。
漫画ポケモン料理その他混沌。コンセプトは自分の二回目の人生へ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
自分メモ (2)
ポケモンメモ (47)
漫画メモ (15)
ゲーム民俗学 (4)
poke data (3)
料理メモ (3)
小説感想 (16)
ビジネス (1)
漫画感想 (8)
キャラクターを見る (8)
手軽にそれなり (6)
日記 (5)
その他読書メモ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。