Another World

二度目の人生を強くてニューゲームするための記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感想【ポケフリークvol.11】

 ポケフリーク vol.11
 ポケフリーク史上最も厚い薄い本、だそうです。700gあるという同人誌にあるまじき重量。他人に頼まれるなどして三冊買うと2kg超を抱えて東京ビックサイトをうろうろすることになる。
 いろいろてんこもり。以下、項目ごとに感想。




 >>表紙
 かわいいキノガッサ。ガチ環境っぽくていい、という声もあるらしい。
 バンギラス、ハッサム、キノガッサと来ているので次はボルトロスあたりだと対面構築っぽくなるかな、となんとなく思ってる。

 >>個別解説
 ウインディやコバルオンはみたいな思考停止で使えるわけではないポケモンの解説がちゃんと具体的な運用方法まで載っていてよかった。
 ただ、TGAの個別解説に比べるともっとスリムにできるかな、という印象もある。うーん。難しいところなのかな。

>>ポケモンバトル実習
 前回結構残念だったけど今回はクオリティ高い。本当にすごい。
 パーティも脱出雨、キュウコンクレセ、バンギスタンが二つ、ノオースタン、サクラバトン、カバドリュと多彩で内容もキュウコンクレセでカバドリュを封殺したり、ニョログドラでノオースタンを攻略したりといずれのプレイヤーも魂の籠った構築と運用をしている。
 ポケフリークは全部購読しているけど今回が一番良かったと言えるレベル。
 これは何にもいうことない。
 ログもすべて載っているので上記の構築の具体的な運用方法を知りたい人には勉強になるはず。
 全員ローブシンやキノガッサかバシャーモを採用しているあたり格闘環境なのがよくわかるし、勝率ぶっちぎりでトップなのがキュウコンクレセラッキーというのも面白い。

 >>桂馬コラム
 テーマは"ポケモンができるって、すごいこと?"
 あんまり期待していなかったんですが、読んでみたら予想外に面白かった。
 "ポケモンが強い奴は凄い"と断言する筆者の精神が強い。
 僕はポケモンなんて子供の遊びだと思っている分、なおさらに凄いと感じている。
 『お前らポケモンで強いくらいなんだから、もっと頑張れるだろ。ポケモンで勝てるなら人生で勝つくらい全然余裕だろ』という筆者の激励を感じる。

 >>総括
 今回はめちゃめちゃ面白かった。
 珍しく自分でコミケにいったけど、それだけの価値はある。昼過ぎには新刊が完売したという成果もうなずける。
 次の夏でBW世代は最後のポケフリークになりますが、最後にふさわしいクオリティを出してくれると信じられるだけの内容でした。
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターブラック2・ホワイト2 - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/01/12(土) 23:28:18|
  2. その他読書メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<感想【東京大学ゲーム研究会 ポケモン特集号第11号】 | ホーム | 漫画感想【てんまんアラカルト】>>

コメント

韓日友好!

Qd5K2lN6
あなたはK-POP派?J-POP派?
わたしは可愛ければそれでいいと思う
http://RJ6z1X4l.k-j-pop.me/RJ6z1X4l/
  1. 2013/01/18(金) 07:16:18 |
  2. URL |
  3. キムゆりあ #DLM/wdPQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tooron.blog135.fc2.com/tb.php/178-fbffecbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tworon

Author:tworon
生きた足跡を残していきます。
漫画ポケモン料理その他混沌。コンセプトは自分の二回目の人生へ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
自分メモ (2)
ポケモンメモ (47)
漫画メモ (15)
ゲーム民俗学 (4)
poke data (3)
料理メモ (3)
小説感想 (16)
ビジネス (1)
漫画感想 (8)
キャラクターを見る (8)
手軽にそれなり (6)
日記 (5)
その他読書メモ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。