Another World

二度目の人生を強くてニューゲームするための記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【バンギラス】シングル編

 ポケフリークをディスりっぱなしではどーかと思うので自分なりに書いてみました。
 書いてて思ったけど一人じゃ大変。ディスってすみませんでした……。




【概要】
 極めて高い種族値と恵まれた特性、技を持つ。金銀以来ポケモン対戦史上決して欠かすことのできないポケモンの一体。採用率に波はあるものの、常に環境に影響力を与え続けている。
 すなおこしの特性を持つが、採用される構築はグッドスタッフ系から受けループ、電磁波砂、バンギドリュウズなど幅広い。
 鋼タイプでないにも関わらずラティオスに対して受けだせる数少ないポケモンでもあり、弱点以外の特殊攻撃には実質的に耐性を持つといってよい。ランダム対戦のような幅広いポケモンへの対応が求められる対戦でも役に立つ機会が多い。範囲的に穴になりがちなシャンデラやアグノムもしっかりおさえることができる。
 高い威力の岩技を繰り出せるために受けづらく、対受けループをこなすことも可能。
 具体的には
 ・対特殊ドラゴン
 ・対電気、エスパー、ゴースト
 ・受けループ等への切り崩し
 ・砂によるガブリアス、ドリュウズの補助
 ・対あられ、晴れ
 ・対雨における天候変化
 などを期待して採用されることが多い。また、副次的な要素ではあるがすなおこしによるタスキ潰しも評価できる。
 このように高いスペックを持つポケモンである一方で、ガブリアス、ドリュウズ、ランドロスといった地面タイプ、テラキオン、バシャーモ、キノガッサといった格闘タイプにに対して隙を作りがちな点が欠点であり、特に相手のガブリアスに常に可能性を与えてしまう点に悩まされることになる。


【持ち物】
・ラムのみ
 キノガッサのパターンに持ち込まれるのを防げるだけでなく、ラッキー、ボルトロス、クレセリアのでんじは、ヒードランのどくどく、ブルンゲルのおにびなど状態異常を撃ってくるポケモンを相手にすることも多いために有用。氷技や電気技、炎技を受けにいく際の保険にもなる。
・たべのこし/オボンのみ
 耐久力が大幅にあがる。防御的に運用するのであれば持たせておくとよい。
・こだわりスカーフ
 ボルトロスやラティオス、ガブリアス、ランドロスといったラインに先制できるようになる。一体倒した後に相手の起点にされないように注意。
・こだわりハチマキ
 高い種族値を遺憾なく発揮できる。
・こだわりメガネ
 特殊メインで運用しても火力を発揮できる。特殊型の場合、いかくやおにびを受けても運用に問題ない点とソーナンスに強い点がポイント。
・あくのジュエル
 こだわることなくおいうちに火力を載せることができるため、後続の起点にされることを防ぎやすい。単純にかみくだくの火力が増大する意味でも強い。
・きあいのタスキ
 一度は確実に行動できるため、でんじはを持たせてみがわりガブリアスにつなぐ場合に採用されて初手で出すことが多い。カウンターも覚える。
・ハーバーメール
 もちものが確定でバレてしまうことのマイナスは否めないが、ラティオスのこだわりトリックやランクルスのかえんだまトリックに耐性を持てる。

【努力値配分】
 計算するのめんどい。下記から適当に計算。

 ハッサムのハチマキバレット
 ガブリアスのじしん
 メタグロスのコメット=ドリュウズのじしん
 ラティオスのメガネ流星1.5耐え
 ラティオスのメガネくさむすび

 かみくだく⇒ラティオス
 おいうち⇒ラティオス
 炎技⇒メタグロス、ナットレイ、ハッサム、エアームド、ドリュウズ
 氷技⇒ボーマンダ、ガブリアス、グライオン、ランドロス
 げきりん⇒ドラゴン
 格闘技⇒ナットレイ、ズルズキン、バンギラス、ドリュウズ
 岩技→ハッサム、ロトム、ラティオス、エアームド、ラッキー、グライオンなど

【構成例】
【まもるどくどくかみくだくいわなだれ@たべのこし】
 エアームドとの組み合わせで有名な構成。バンギラスの特殊耐久を最も活かしているといえる。まもるは砂ダメージと残飯回復、毒ダメージのみならず、とびひざげりを牽制する点でも相性がよく、こだわりを持ったポケモンとの2択でも使える。
 受けだした際にたべのこしが発動することで型が即座にばれてしまうことが難点。また、まもるのタイミングに行動を合わせられるとディスアドバンテージが発生するために安易にまもるを多用するのは禁物。

【でんじはステルスロックあくのはどうだいもんじ@きあいのタスキ】
 でんじは軸でガブリアスへつなぐタイプのバンギラス。現在ではメタモンの存在があるため、以前よりも慎重な扱いが求められる。攻撃技はガブリアスやほかのポケモンの構成によって調整するのがよい。

【ストーンエッジけたぐりれいとうパンチりゅうのまい@ラムのみ】
 受けループをゴリ押すりゅうのまい型。ラムのみを持つことでりゅうのまいスタートできる相手が増える。
 ほのおのパンチを持たせてハッサムをスムースに倒せるようにするのもよい。すばやさの最低ラインは一段階アップでボルトロスを抜けるラインから。

【いわなだれかみくだくれいとうパンチばかぢから@スカーフ】
 単体で運用しやすい物理スカーフ。ラティオス、ボルトロス、ウルガモスといったポケモンにさらに有利になる上、ガブリアスやランドロスといったポケモンと有利不利が逆転するようになる。ハッサムを殴るほのおのパンチやキングドラを叩き潰すげきりん、キノガッサピンポイントのつばめがえしなども候補。

【あくのはどうれいとうビームかえんほうしゃけたぐり@こだわりスカーフ】
 特殊スカーフ。物理に比べると、主力技の命中が安定する、れいとうビーム(⇒ランドロス、ガブリアス)やかえんほうしゃ(⇒エアームド、ナットレイ、ハッサム)へのダメージが大きくなりやすい、おにびに臆することなくブルンゲルに出していけるなどがメリットになるがラッキーや瞑想クレセリア、舞ウルガモスなどに往生するリスクがある。

【ストーンエッジかみくだくけたぐりほのおのパンチ@ハチマキ】
 一撃の重みを追求したこだわりハチマキのバンギラス。ストーンエッジがラティオス+ハッサム(+ロトム)、ボルトロス+ハッサム(+カイリュー)、ラッキーグライオン(+エアームド、ヤドラン、クレセリア)といった組み合わせに貫通するために岩耐性の薄い構築だとストーンエッジを連打しているだけで粉砕できる可能性がある。

【対策】
 構成は多彩だが、ローブシンやズルズキンといった耐久力の高い格闘タイプなら難なく受けだすことができる。相手の構成が割れてからならキノガッサで起点にする機会も増える。マッハパンチがあればこだわりスカーフやりゅうのまいも関係ない上、格闘タイプは状態異常に強いポケモンも多く、でんじはの被害も抑えやすい。
 次いで、カバルドンやメタグロスのような物理耐久に優れて岩を半減するポケモンなら比較的有利に立てる。
 ただし、こうしたポケモンで問題点をクリアしたとしてもおいうちで頭数を減らされてはディスアドバンテージになるため、おいうちバンギラスが多い環境においては安易においうちの餌食にならない、トリックやおきみやげ、でんじは等で起点にし返せるような構築が望ましいといえる。
 また、ガブリアスの存在はバンギラスにとっては常に脅威になりやすく、ガブリアスを採用するだけでバンギラス側にとってはリスクを持たせることができる。1体を犠牲にしてもバンギラスを起点にガブリアスを展開できれば充分にリターンを得られる。
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターブラック2・ホワイト2 - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/09/27(木) 00:07:53|
  2. ポケモンメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【クレセリア】シングル編 | ホーム | 感想【ポケストラ02】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tooron.blog135.fc2.com/tb.php/172-430267b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tworon

Author:tworon
生きた足跡を残していきます。
漫画ポケモン料理その他混沌。コンセプトは自分の二回目の人生へ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
自分メモ (2)
ポケモンメモ (47)
漫画メモ (15)
ゲーム民俗学 (4)
poke data (3)
料理メモ (3)
小説感想 (16)
ビジネス (1)
漫画感想 (8)
キャラクターを見る (8)
手軽にそれなり (6)
日記 (5)
その他読書メモ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。