Another World

二度目の人生を強くてニューゲームするための記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネット小説【尾行日記】

 ネット小説尾行日記
 ハンターハンターの世界の裏側を駆ける地下のお話。




 オリジナルと密接に絡みつつも、独立したストーリーを矛盾なく見事に描いている。
 ……ということになると思うのだが、これだけの言葉では言い表せない。
 主人公は念能力『消える男』で雰囲気を消すハンター、ルルーペ。
 ヨークシン、グリードアイランド、NGLとゴンたちとほぼ同じ世界を歩みながらも彼らとセリフを交わすことは一度もない。
 あくまで、裏の世界を歩む地下の能力者である。

 同じ世界を歩む以上、もちろん彼も同じ強敵と相対する。
 ゴンたちにさえ劣る貧弱な能力者である彼がクロロ、ヒソカ、ボマー、レイザーといった強力な能力者といかに渡り合い、解決していくかも見どころになる。


 Q.なんでジェイトサリは複数のGIを入手できるほどのハンターなのに離脱一枚入手できないの?
 →A.グリードアイランドの情報を探っているよ。
 Q.命の音って何系の能力? 範囲が広すぎない?
 →A.命の音しか使えない、という縛りのついた放出系能力だよ。
 Q.グリードアイランドのルーラーの念能力強すぎじゃない?
 →A.レイザーのスペックはマジキチだよ。14人の悪魔はレイザーの強すぎる念能力をコントロールするための能力だよ。

 これでもかというくらい、作中で感じた疑問に回答を示し作中世界の補完を行っている。オリジナルの「間」をフル活用して新しい世界切り拡げている。
 陰獣、ヴェーゼ、ジェイトサリといった消えていった人物。
 アベンガネやレイザーの顛末。
 そして、クロロ、ヒソカ、ジン。
 既存のストーリーから別のストーリーを作り出す、というもはやこれが別の念能力なのではないか、と思えてしまうくらい。
 体裁としては反ハンター組織である『地下酒場』のレポートいう形になっている。マスターの念能力は『電脳蜘蛛の糸』『裏世界の伝道師』。
 もしかしたら、この『尾行日記』はその念能力によるものかもしれない。

 余談。作中にはハンターライセンスを狩るハンター、すなわち『ハンターハンター』なる人物が登場している。
 ビヨンド・ネテロを狩るハンター協会もまたハンターを狩るもの、である。
 ある意味では、真のハンターハンターは、外側の世界で始まる。

 さらに余談。
 作中ではアベンガネ≒マスターということが示されつつもルルーペは全面的には得心がいっていない様子の描写がある。
 第一部が終わって長らく更新が途絶えた本作がこれ以上更新されることはまずないのだろうが、どんな構想があるはずだったのか、考えてみるのも面白い。
スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/07/14(土) 23:45:45|
  2. 小説感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネット小説感想【火水の法則】 | ホーム | 漫画感想【シャーリー】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tooron.blog135.fc2.com/tb.php/159-42a463f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tworon

Author:tworon
生きた足跡を残していきます。
漫画ポケモン料理その他混沌。コンセプトは自分の二回目の人生へ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
自分メモ (2)
ポケモンメモ (47)
漫画メモ (15)
ゲーム民俗学 (4)
poke data (3)
料理メモ (3)
小説感想 (16)
ビジネス (1)
漫画感想 (8)
キャラクターを見る (8)
手軽にそれなり (6)
日記 (5)
その他読書メモ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。