Another World

二度目の人生を強くてニューゲームするための記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漫画感想【進撃の巨人】

 三巻まで。
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
諫山 創

商品詳細を見る


 絶望感。


 『壁に囲まれた街』『巨人』ってあたりがドラゴンクエストのメルキドっぽいよね。
 と思って、RPGの世界観ってコレに近いのかな、と思った。

 そう、この世界は異様で醜悪で苦痛で閉塞で耐えがたいものであるはずなのに、同時に見慣れたものである。ドラゴンクエストで、ファイナルファンタジーで、ポケットモンスターで、ハリーポッターで、ブレイブストーリーで、指輪物語で見たような異生物のいる世界なのだ。
 それではこの世界は何が違うのか?

 というのは、人間が完全に被捕食者であるという一点に他ならない。
 都合のいい魔法も妖精も、助けてくれるグリフォンもドラゴンもいない。そこにはただ理不尽な捕食だけがある。知性のカケラもない醜い巨人が、ただ人間を捕食するだけの灰色で肉色のダークファンタジー。
 それが『進撃の巨人』である。

 
 すばらしい。閉塞感と絶望感。この世界観を作り上げただけでももう一生分の仕事をしたのでは、といえるくらい。
 確かにそうなんだよね。ヒポグリフだのジャイアントだのギガスだのいる世界だったら人間は食物連鎖の頂点になんか立てないんだよ。当たり前じゃん。この世界は巨人だけど。その絶望感がぎゅんぎゅんくるぜ。読んでるだけでげんなりする。世界観じゃあないけど『ストーン・オーシャン』や『最悪』を思い出すぜ。

 ……と思っていただけに、早い段階でアレンが巨人化したことにはえー? ってなりました。それじゃあこの世界観の意味ないじゃん。うーん。まだ三巻までしか読んでいないのでなんとも言えませんが。うーんうーん。
 そもそも、『コイツ、主人公かと思ったのに速攻で死んだよ……殺伐としすぎやろ……』と思ったところだったので拍子抜けの感がぬぐえません。

 あとは、食糧事情に触れたのもいいポイント。畜産物は土地に対する生産効率が非常に悪いので(理論上は、豚を養う穀物で人間を賄ったほうが多くの人口を維持できる。日本の畜産物は食料自給率以前に物理的に面積が足りないから飼料は輸入しないとどうにもないように)、肉は当然貴重になる。タマゴでさえ高級食材になるんじゃないかな。
 そういった点についての言及があるとリアリティが増すよね。たまたま自分がわかったのがそこだけで他にもそういうポイントは多そう。

 最後に、ミカサだけ段違いにキャラが立っている気がする。他のキャラもがんばれ!
スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/07/01(日) 10:16:55|
  2. 漫画メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<漫画感想【シャーリー】 | ホーム | ゼロからはじめるジョインアベニュー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tooron.blog135.fc2.com/tb.php/151-4e90a928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tworon

Author:tworon
生きた足跡を残していきます。
漫画ポケモン料理その他混沌。コンセプトは自分の二回目の人生へ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
自分メモ (2)
ポケモンメモ (47)
漫画メモ (15)
ゲーム民俗学 (4)
poke data (3)
料理メモ (3)
小説感想 (16)
ビジネス (1)
漫画感想 (8)
キャラクターを見る (8)
手軽にそれなり (6)
日記 (5)
その他読書メモ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。