Another World

二度目の人生を強くてニューゲームするための記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小説感想【飛行迷宮学園ダンゲロス『蠍座の名探偵』】

 怪作『ダンゲロス』第二段。「飛行迷宮学園ダンゲロス『蠍座の名探偵』(架神 恭介,門脇 聡 講談社BOX)」
 魔人の闊歩するこの世ならぬ現代のお話。
 今回は前作よりも正当派です。

 
飛行迷宮学園ダンゲロス―『蠍座の名探偵』― (講談社BOX)飛行迷宮学園ダンゲロス―『蠍座の名探偵』― (講談社BOX)
(2012/06/02)
架神 恭介、門脇 聡 他

商品詳細を見る

 このシリーズで、特徴的なのは世界観。
 能力者は『魔人』と呼ばれ、世間にその存在が認識されている。あと、転校生っていうのもいるけどこちらは認識されていない世界が多い。
 世界が多い、というのはパラレルワールド的な世界観が採用されているから。世界を造り出す魔人がいて、(識家?) で転校生は時間と時空を行き来して、自分の理想とする世界を作ろうとしている。『転校生の世界』というのもあるみたい。
 ちんぷんかんぷんですが、そこはなんとなくでいいところで、魅力的なのは『魔人が世間的に認知されている』という世界観。
 私は能力バトルが好きで、いろいろジャンプ漫画からネット小説まで、いろいろ手を出しているのですが一番好きな世界観のひとつ(比肩しうるのは人災派遣のフレイムアップくらい?)。能力者が公的にその存在を認識されていて、それに対して法制度や差別が描かれている……というリアリティは意外なほど少ない(魅力的な世界観の能力モノがあれば教えてください)。
 そして、問答無用でその上をいく秘中の秘である『転校生』。

 今回のストーリーは『魔人への殺人』が発端となって……意外なところに話は転がっていく。
 前作では立ちはだかる絶望的な敵、という扱いだった転校生が、今回は視点人物に近いサイドで召喚される。無限の攻撃力と無限の防御力(このネーミングもイイよなあ)で理不尽な強さの魔人をさらに上をいく理不尽さで踏みにじる爽快感。それを味わった上で、その転校生でさえ敗北を覚悟する理不尽な能力者も。

 このシリーズの特徴の一つに、理不尽に平等なところがあります。重要人物だろうが最強クラスの能力者だろうが即死攻撃を受ければ死ぬ。だって即死攻撃なんだから。
 そこに主人公補正や人気キャラ補正はない。故に、緊張感が恐ろしい。視点人物が次のコマで死んでいるかもしれない。というのがこの作品の持ち味。
 もっとも、パラレルワールドなので平気で前作で死んでいたキャラクターが大暴れしていたりもするんですけど。

 今回好きだった能力は『ピーターパン症候群』『デビルシザース』『瞬間移動ナイフ』。一番コイツヤベェ感があったのは『ヒロイズム』。主要キャラの能力ほとんどになってしまった。
 『ピーターパン症候群』は視覚的なインパクトが強烈すぎる。『ラピュタ』や『クロノトリガー』を思い出してしまった。この能力は政府としてもいろいろ利用価値がありそうでスカウト来てもいいんじゃないの? と思ったけど一人の能力に依存するのは危険、なんでしょうね。前作の『超高潔速攻裁判』もしかり。タイトルにもつながってますしね。
 『デビルシザース』は能力としてはジョジョの『灰の塔』とほぼ同じなのにこんなにワクワクするとは思わなかった、ということで名前を挙げました。でもこの能力、転校生とはあんまり相性がよくないよね、と思ったら『シューニャ』を破るのに活用されて納得。
 『瞬間移動ナイフ』はシンプルにして極悪の能力。コイツ、単独で国家転覆できちゃうだろ。こんな極悪能力がウロウロしているならそりゃあ魔人への差別も生じるわ、って思わされました。
 『ヒロイズム』は……、本編を読んでなんだこの能力……!? 感を是非味わってほしい。

 この作品を読むまで自分はいわゆる『俺TUEEE』的な、主人公がぶっちぎりに強い作品が好きじゃないと思っていましたがこの作品での転校生無双を見て爽快感を覚えまして、強さに納得がいくかどうかなんだと腑に落ちました。
 ただの高校生がプロの殺し屋に何の理屈もなく勝ててしまうのはNGだけど、転校生がプロの軍隊に勝ててしまうのはOK。だって、転校生なんだから。
 もちろん、ただの高校生だって、納得がいく強さの理由があればオーケイ。いくら強力な能力に目覚めるバックグラウンドがあっても経験や知識には勝てないと思うけど、その高校生にプラスアルファの理由があればいい。
 そういう意味で、この作品は私をスッキリさせてくれもしました。

 そんな感じで、大変楽しめました【飛行迷宮学園ダンゲロス『蠍座の名探偵』】。
 ダンゲロスシリーズは『二次創作フリー』というスタンスをとっておりこれは簡単にいうと『勝手にデータやキャラを使って作品書いていいよ』というもののようです。
 
 超楽しそう。やってみちゃう?
スポンサーサイト
  1. 2012/06/03(日) 17:44:28|
  2. 小説感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<漫画感想【戦闘破壊学園ダンゲロス】 | ホーム | 漫画感想【乙嫁語り】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tooron.blog135.fc2.com/tb.php/142-f53a706f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tworon

Author:tworon
生きた足跡を残していきます。
漫画ポケモン料理その他混沌。コンセプトは自分の二回目の人生へ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
自分メモ (2)
ポケモンメモ (47)
漫画メモ (15)
ゲーム民俗学 (4)
poke data (3)
料理メモ (3)
小説感想 (16)
ビジネス (1)
漫画感想 (8)
キャラクターを見る (8)
手軽にそれなり (6)
日記 (5)
その他読書メモ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。