Another World

二度目の人生を強くてニューゲームするための記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漫画感想【へうげもの】

 ヒョーゲモノ、と読みます。
へうげもの(2) (モーニングKC (1512))へうげもの(2) (モーニングKC (1512))
(2006/04/21)
山田 芳裕

商品詳細を見る


 古田織部が戦国時代と数寄魔界を生き抜きます。
 戦国武将の古田織部が、戦乱と数寄の狭間でがんばる。
 高山右近や織田有楽斎、明智光秀、徳川家康といった有名な人物も数寄……文化人的な視点から描かれています。
 数寄を盲信し猛進するあまり家康の怒りを買ったり、名器を壊されたりする姿は時に笑いを誘い、時に衝撃的である。
 そう。登場人物がみんな価値感が違うのが面白い。数寄に理解を示さない人物も、数寄を愛してやまない人物もいずれもちょっとずつ価値感が違うのが面白い。
 秀吉の趣味は必ずしも織部のスタンスと一致しないし、質実剛健な家康は当初はまるで理解を示さないでいたし、石田三成は全く数寄を理解できない。
 また、南蛮趣味に殉じた高山右近、政治に束縛される文化を厭うた織田長益、数寄のために暗躍する千利休。

 各人物に好きな色、という設定があるのが好き。
 信長のレッド&ブラック、秀吉のゴールド、というイメージ通りの設定から、三成の特になし、家康のそんなものはない、といった個性を感じさせるものまで。
 カラーって概念は意外と重要で、DIOとジョルノもゴールドのイメージが定着しているなあ、とか。

 打ちこめる趣味がある人には、古田織部の気持がわかる人も多いのではないでしょうか。
 残業なんてせずにスポーツをしたいし、資格の勉強をする時間があれば絵を描きたいし、付き合いの飲みをする時間で趣味を深めたい。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/24(日) 23:42:10|
  2. 漫画メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゼロからはじめるジョインアベニュー | ホーム | 感想【クリムゾンの迷宮】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tooron.blog135.fc2.com/tb.php/141-35e70957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tworon

Author:tworon
生きた足跡を残していきます。
漫画ポケモン料理その他混沌。コンセプトは自分の二回目の人生へ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
自分メモ (2)
ポケモンメモ (47)
漫画メモ (15)
ゲーム民俗学 (4)
poke data (3)
料理メモ (3)
小説感想 (16)
ビジネス (1)
漫画感想 (8)
キャラクターを見る (8)
手軽にそれなり (6)
日記 (5)
その他読書メモ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。