Another World

二度目の人生を強くてニューゲームするための記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小説版めだかボックス感想&めだかボックス感想

『勝ったのは俺達だよな? 正しかったのは……俺たちだよな?』(るろうに剣心~明治剣客浪漫譚~)

小説版めだかボックス(上)久々原滅私の腑抜けた君臨または啝ノ浦さなぎの足蹴による投票 (JUMP j BOOKS)小説版めだかボックス(上)久々原滅私の腑抜けた君臨または啝ノ浦さなぎの足蹴による投票 (JUMP j BOOKS)
(2012/05/02)
西尾 維新、暁月 あきら 他

商品詳細を見る


 西尾維新『小説版めだかボックス(上)久々原滅私の腑抜けた君臨または啝ノ浦さなぎの足蹴による投票』(集英社)の感想と、過負荷編、ついでに安心院編の感想も。


 「めだかボックス」の過負荷編、なかなかあれで納得がいった、という読者の方は少なかったのではないでしょうか。
 私は全然納得いってません。
 幸せになってしまった球磨川くんに対して

『球磨川くんにはめだかちゃんがいるかもしれねーけど、俺達にはいねーんだよ。評価してくれて、敵対してくれて、思いっきりぶん殴ってくれるような相手はいないんだよ。リーダー気取って、敗者の代表みたいな顔しておいて、勝手に一人で幸せになってんじゃねーよ!』


 ってブチ切れるところでしょう、過負荷としては。私ならそーする。
 特に、日之影空洞×蝶ヶ崎蛾々丸戦。
 『わかりあいにきたぜ』といいつつ結局彼とわかりあうことはできていない。それどころか、彼の『不慮の事故』の前に歯が立たず、ルールを利用して辛くも勝っただけにすぎない。英雄を気取っておいて、異常を失ってまで得たのがそれだけ。
 それだけで、よかったんだ。
 というのが、小説版めだかボックスの感想。やっとタイトルにつながった。
 作中で、啝ノ浦さなぎと赤青黄が会話で知られざる英雄のことを話題に出します。その中で、彼に不足しているのは『敗者へのフォロー』と示されています。ずっと蝶ヶ崎戦で納得いっていなかった点が、やっと腑に落ちました。
 てっきり過負荷編は敗北者たる彼らにスポットがあたるのかと思っていましたが、このストーリーにおいては火の影空洞も敗北者でした。一人で人知れず戦ってきた、過負荷の前に倒れ、それでも過負荷に立ち向かうめだかや善吉に打ちのめされる。過負荷だけでなく、生徒会にも負けている。
 そんな彼がめだかたちの前に再び立ち上がるのが日之影空洞×蝶ヶ崎蛾々丸戦。ここで決着がついて、わかりあえちゃって、お互いハッピーになれてしまうような都合のよさはそこにはない。英雄ではあっても主人公でも神でもない日乃影空洞にそんなことはできない。
 人を人と思わず殴っていた日乃影空洞が、人を人と思って向き合うようになるストーリーだった。というのが示されている。

 お前はルールで勝っただけじゃん。というのが蝶ヶ崎の論調。
 実は、雲仙冥利もめだかに類似したセリフをいっています。お前は自分より強かった。でも、自分より正しいわけじゃない。
 屁理屈のようで、意外とジャンプ作品でこの話題は頻出。
 『勝ったほうが正しいのか?』
 志々雄真実は『弱肉強食』だし、大魔王バーンも『言葉ではなく力で語れ』と述べている。"勝ったほうが正しい"という論調。仮に彼らを力づくで倒しても、それは彼らを肯定したことに他ならない。
 彼らはその逆で、『負けた。それがどうした?』というもの。
 日乃影空洞には、これからは拳ではなく、言葉での闘う英雄としての人生が待っている。

 ……まあね、小説じゃなく漫画の中で示せよ、というのはありますけど。
 ついでに述べると、安心院編も内容がアニメまでに間に合わすために駆け足すぎたと思いました。どうせいい加減なハッタリばかりいってるんだから(愛情表現)、もっと丁寧に描けばよかったのに。

 さらに考えを発展させるのならば、小説版を自ら書くことでフォローができる、というのは小説家である強みでもありますね。多作多彩な西尾先生の強さをフル活用していて妬ましいくらい
スポンサーサイト
  1. 2012/05/03(木) 21:49:07|
  2. 小説感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小説感想【箱庭図書館】 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tooron.blog135.fc2.com/tb.php/129-454c7c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tworon

Author:tworon
生きた足跡を残していきます。
漫画ポケモン料理その他混沌。コンセプトは自分の二回目の人生へ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
自分メモ (2)
ポケモンメモ (47)
漫画メモ (15)
ゲーム民俗学 (4)
poke data (3)
料理メモ (3)
小説感想 (16)
ビジネス (1)
漫画感想 (8)
キャラクターを見る (8)
手軽にそれなり (6)
日記 (5)
その他読書メモ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。