Another World

二度目の人生を強くてニューゲームするための記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感想 ドラマ『相棒』 奇跡の終盤

 たまたま友人とテレビで再放送を見て面白かったので感想。あんまりドラマは見ないんですけど……。

 第一に、主人公の設定が面白かった。窓際部署の刑事ということで主人公が様々な事件に関わることに違和感がなくなっている。探偵役の設定によってはお前事件に遭遇しすぎだろwwwというツッコミが冗談じゃなく本気のレベルに達することもありますから(特に主人公が事件と関係を持ちにくい職業かつ移動しないタイプの作品)、その点をうまくクリアしていたと思います。
 内容としては、ミステリーでいうところのワイダニット? なぜ、殺されたのか、が重視されている作品のようで、普段"いかにして殺すか"ばかりに注目している私としては楽しかったです。

 相棒というよりミステリー自体への疑問では"あなた、こう言いましたよね?"と矛盾した発言をとらえるのってあんまり説得力を感じないのだけど、実際のところどうなんだろう。みんな説得力を感じてるのかな。
 それをきっかけに外堀を埋めたり、証拠を集める+なんとなく勝ったっぽい雰囲気を作る、という点では強い。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/31(水) 18:46:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨重力

 雨重力。
 ねっとうやなみのりでちまちま削らず、ハイドロポンプ連打で強引に貫く昔ながらの雨パを安心した気持で使いましょうwというコンセプト。
 一応ロトム、サンダー、ボルトロス、ドータクンといったポケモンに対してじしんをヒットできるというメリットもありますが、それらはハイドロポンプでゴリ押すことができるので、雨中心とは別の構築が必要になりそうです。

 以下、重力を使うポケモンについて。 続きを読む
  1. 2011/08/29(月) 20:12:20|
  2. ポケモンメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【信長協奏曲 1~3巻】を読んで。

 めずらしく私が初見で衝動買いした漫画。3巻まで読み終えました。
 史実に基本的には忠実ということで、いろいろやりづらい面はあるんだろうなーと思いながら読んでいたんですが、ストーリーで重要なのは過程だったんだなあと思わされます。
 少年漫画にしても敵役悪役が登場しても注目されるのはいかにして対処するのか(=いかにして倒すのか)ですしね。結果が見えていてもそこまでの過程をいかに楽しめるものか、にするのが大事。遠足は行くまでの期間がいちばん楽しい、みたいな。
 秀吉、光秀、道三のアレンジもいい。

 ストーリーにいろいろ不自然な点やツッコミどころはあるんだけど、敢えてそういうところを無視して進めているのもいいところだと思ってます。
  1. 2011/08/27(土) 19:55:17|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダブルバトルでの積み構築について

積み技を中心にした構築について@ダブルバトル

サポート……というか、その他の採用ポケモンについて 続きを読む
  1. 2011/08/24(水) 17:35:31|
  2. ポケモンメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

りゅうのまい+じこあんじ

 りゅうのまい+じこあんじ。

 6年くらい前にみてかっこいい! と思ったので今更インスパイア。オリジナルはコランダムカップでギャラドスベースだったんですが、現在はりゅうのまいが使えるポケモンが増えたのでパターンが増えたと思います。りゅうのまいに限らず積み技のギミックはだいばくはつが弱体化したのも大きい。
 ただし、トリックルームやおいかぜのようなS調整手段が増えたこと、先生技が一般化したこと、といった点は強く留意しなければなりません。

 まずは『りゅうのまい』自体を使うポケモンについて、以下。
 『ちょうのまい』verはBW発売直後に結構まじめに考えたので、次は『バトンタッチ』ギミックを組みたい。
 オリジナルはいばる+りゅうのまい+じこあんじ、みたいなすごい構成が入っていたんだけど机上で組んでみて相手にいばって暗示、とできるのが強い気もしてきた。 続きを読む
  1. 2011/08/22(月) 18:49:05|
  2. ポケモンメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新暗黒のスターミー

スターミー れいとうビーム ちいさくなる みがわり じこさいせい@ヒメリのみ

 基本は普通のねっとうスターミーと一緒でグロスや水を起点にする。本来どうしようもない相手でもれいとうビーム凍結で突破できるのがメリット。本当はこなゆきを覚えればヒメリと合わせて50発打てるので強かったのですが、こなゆきはこおりタイプ限定技なのでスターミーは使えません。26発でなんとかしてください。
 必中かみなりを防ぐのと定数ダメージによる補助を兼ねてバンギラスやユキノオーと併用したい。
 ギリギリラッキーグライオンに対して、グライオンにれいとうビームを一回当てれば突破できるのがまともな要素かもしれない。
 自分で使ったことはないけれど、ねっとうがない分マンムーやメタグロス、パルシェンあたりにまともにダメージが入らないのがめんどくさそう。
  1. 2011/08/20(土) 18:40:44|
  2. ポケモンメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナットレイ@シングル

 鋼第二弾ナットレイ。

 くさ/はがねという恵まれたタイプからでんき、くさ、みず、ラティに対して受けていくことができる。鋼タイプにしては珍しくでんじは、やどりぎのタネという扱いやすい補助技を覚えるために積極的に交代際に状態異常をあてにいくことができる。くさに強く、じめんにも弱くないためでんじは・やどりぎのタネともに相性がいい。また、受けポケにしては攻撃種族値もそれなりでパワーウィップという打点も持ち合わせ、接触技を得意とするポケモンに対してはてつのトゲもダメージソースになる。
 欠点は補助技に頼っていることからみがわり、ちょうはつ、ラムなどに弱いこと。鋼の中でも特にウルガモスに起点にされやすく構成しだいでギャラドスやガブリアス、ラティオスにも起点にされうる。主力技のパワーウィップの命中が不安でありみがわりを残されるとそこから全抜きされる可能性も高い。タネマシンガンならみがわりに強くなるが、威力が不安定である上ブルンゲルののろわれボディを誘発してしまうのが悩ましい。
 また、電気や水に強いといってもメジャーな電気や水はなんらかの形でナットレイに一方的に受けられない手段を持っているのも注意が必要である。
 とはいえ、ランダム対戦など様々なポケモンを想定している場ではかゆいところに手が届きやすく扱いやすいポケモンといえる。

役割対象:ラティオス/ラティアス/ライコウ/メタグロス/フシギバナ/みず全般
被役割対象:ラティ以外のドラゴン/ウルガモス/メタグロス以外の鋼/格闘全般

 パワーウィップ/でんじは/やどりぎのタネ/みがわり@ラム
 基本形。受けまわしながらやどりぎのタネとでんじはで切り崩す。

 パワーウィップ/ジャイロボール/タネマシンガン/じならし@こだわりハチマキ
 受け出して殴る。ジャイロボールの打点が高い。
  1. 2011/08/19(金) 18:57:57|
  2. ポケモンメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪役を書き記す(3) 爆弾魔ゲンスルー

ゲンスルー(HUNTERHUNTER)
職業:ハンター
敵対理由:ゲームクリアの競争相手(ゴン)
目的:ゲーム『グリードアイランド』のクリア(500億ジェニー&指定ポケットカード)
能力:一握りの爆弾/命の音
『疑わしきは爆する!』
『危ない橋を渡るときは三人一緒だ』

 概要
 HUNTERHUNTERグリードアイランド編のボスキャラクター。目的はゲームクリアー。
 当初はカードの独占によってゲームクリアをもくろむ『ハメ組み』の初期メンバーとして真っ当にゲームをプレイしていたがコンプリート率80%を超えたときに突如離反、メンバーを『命の音』で皆殺し本来の仲間であるバラ、サブとともに圧倒的な殺戮性を持つプレイヤーキラー『爆弾魔』として牙をむいた。

 解説
 この人も目的が『お金』である。ハンターハンターの登場人物はほとんど一般人の求めることはできるはずだとおもうのですが彼らの考えることはよくわかりません。
 シングルハンターのツェズゲラでさえ足元に及ばない戦闘能力、条件が厳しいとはいえ遠隔爆破能力を持つが目的は『お金』。5年間偽りの仲間の中に潜伏し、それを皆殺しにするメンタルの強さを持つが目的は『お金』である(そろそろ指定ポケットの中身を考えておこうか、といったセリフがあったことから指定ポケットカードを奪う目算はあったようですが、具体的な目的があったわけではないみたいですし)。
 殺戮や脅迫を用いて他人から奪うこと自体が好きな人で、仲間たちと好き勝手してる大人にも見える。
 特徴的なのは仲間意識。5年間苦楽を共にしたハメ組は笑いながらカウントダウンで皆殺しにした一方で、バラ、サブとのつながりはとても強くそのためにリスキーダイスを振ったり、大天使の息吹を仲間に求めている描写もある。

 再登場したところで活躍は望めないと思うけど3人が悪だくみしてる1コマとか最終回にチラっとでませんかね。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/08/18(木) 18:44:01|
  2. キャラクターを見る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪役を書き記す(2) クロロ=ルシルフル

クロロ=ルシルフル(HUNTERHUNTER)
職業:盗賊
敵対理由:懸賞金を獲得するため(ゴン)復讐のため(クラピカ)
目的:美術品の蒐集
能力:盗賊の極意

 HUNTERHUNTERヨークシン編のボスキャラクター? にしてクラピカの追い求める男。
 目的はオークションに出品される美術品をすべてかっさらうことで、愛でた美術品はその後売り払う。
 率いる幻影旅団の当時最高峰のスペックにより会場内のスタッフを皆殺し、マフィアの用心棒を"フクロウ"の能力を利用して盗み出すが、追跡してきたクラピカに仲間であるウボォーギンをさらわれたことから彼の計画は乱れ出し、パクノダの死と自身の念能力の封印という結果を残すことになる。
 特質系能力者ではありながら、ゾルディック家の二人を相手取って格闘する戦闘能力を持つ。

 ……改めて整理するとお金のために幻影旅団を相手取るっておかしいだろ……。ストーリー上はグリードアイランドを入手するお金のためにゴンは旅団を追っているんですよね。途中から「オレもあいつを許せない」という趣旨の言葉もありましたが。
 彼のそもそも登場した目的はというと美術品の鑑賞だけで、特に裏社会を牛耳るとかお金が欲しいとかそういうわけではありません。そもそもハンターライセンスさえ取得してしまえばお金には困らない世界です。
 ただ美術品が欲しいという目的のためにで彼はウボォーギンとパクノダを失ったわけですが、彼は死について独特の価値観がある様子でウボォーギンの死を悼みつつも後悔する様子は見せません。自分が殺される寸前にあってもまったく動揺していなかった描写からもそれはわかります。「もう一度言ってやろうか? 俺にとってこの状態は、昼下がりのコーヒーブレイクと何ら変わらない 平穏なものだ」というくだりですね。

 ゴンが「ノブナガはウボォーギンの死を悲しめるのに、どうして他人を皆殺しにできるんだよ」という趣旨のセリフをいったことがありましたが、旅団を理解する上ではその点が重要かもしれません。
 ちなみにクロロが「どうして関係ない人を殺せるの?」と聞かれた時の答えは「関係ないからじゃないか」。

 旅団について「始めは、ただ欲しかった」というくだりがのちにあったと思います。クロロは執着や愛着があるわけでもなく「美術品がただ欲しい」。そして彼にとって個人の死は身近なもの。
 うーん、文章にしていても気持悪い。
 ただ欲しい⇒奪う⇒仲間の死⇒悼むけどクモが生きていれば個人の死は致命傷ではない? うーん?
  1. 2011/08/18(木) 14:14:51|
  2. キャラクターを見る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペンドラー@じめんのジュエル

メガホーン/じしん/いわなだれ/どくびし@じめんのジュエル AS252

 どくびしを打てるポケモンは概して汎用性が低いため、どーにかできないかな企画。ついでにジュエルは打つ相手が明確なサブ技に合わせるのが強いよね企画。
 ペンドラーはインファイトこそないものの攻撃範囲はヘラクロスに似ておりスピードもあるためにスタンに多いラティオスやウルガモス、ボルトロスを上から殴ることができる。特にどくびしの効かないラティややわらかい飛行に勝てるのがそれなりに優秀。
 ただし、ヘラクロスと違って悲しいほど火力・耐久力はないために入念にダメージ計算をおこなっておきたい。まあすばやさは削れないし、こうげきを削ると本当にパワー不足なので調整の余地は少ないはず。

 少なくともパワーカードの起点になるのは防がないといけないので、
・耐久無振りのテラキオンはメガホーン⇒ジュエルじしんで倒せる。
・HP252メタグロスはメガホーン⇒ジュエルじしんが結構怪しい中乱数。
 と、ジュエルじしんがテラキオンやメタグロスを安易に後だしさせないのが強い。
 その他
・ウルガモス⇒いわなだれ一発 
・ボルトロス⇒いわなだれ2発 
・ラティオス⇒メガホーン一発
 サザンドラやラティアスは耐久にがっつり振ってると乱数になってくる。
 HP振りロトムは1/3くらい持っていける。

 ブルンゲルやサマヨールみたいなゴースト、あるいは単純に種族値の高いスイクンみたいな受けポケでストップかけられたら突破は無理だけどどくびしをまくチャンスだからそこまで問題ない。
 ただ、交代際にはどくびしをまくことが多いだろうから実際にはどこまでじめんのジュエルが有効かは怪しい気もする。結局ランドロスやハッサムに受けられたらどうしようもないポケモンなわけですし。
  1. 2011/08/17(水) 13:25:12|
  2. ポケモンメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪役を書き記す(1) 蓮見聖司

蓮見聖司(悪の経典)
職業:教師
敵対理由:過去の殺人の隠蔽のため

 小説『悪の経典』の主人公とラスボスと同時に努めるような男。
 自分を通常の人間よりもランクが上だと自覚し『快楽殺人者ではないが、罪を犯すことは躊躇しない』というスタンスで行動するサイコパス。
 英語教師として女子高生と合意の上であんなことやこんなことをしているだけの人畜無害な変態教師として生活していたが過去の犯罪を暴かれそうになったことをきっかけに殺戮を開始。些事から次々と殺人を連鎖させて最終的にクラス全員を全滅させるバトル・ロワイアルに匹敵する虐殺を開始する。

 なんだか気持悪いんだか魅力的なんだからよくわからないキャラクター。
 別に大層な目的があるわけではなく幸せに暮らせればいい、という点ではジョジョの吉良吉影に似ているけれど、ちょっとしたことですぐに殺しにいく点や教え子の女子高生と関係を結んで喜んでいたり、そもそも周囲に人気があったりというのが相違点。リア充の吉良か! 吉良みたいにすさまじい性癖があるわけではないしね、性的にはただのロリコン野郎である。
 本人は超スペックだから凡ミスができないのでどう負けさせるのか期待して呼んでました。解答はいまいちしっくりこなかったかな。あと文章化すると警察ってこのくらいじゃだましきれないんじゃないの? って疑惑がまとわりついてしまうのも工夫できそう。

 『殺すしかない』って状況に至らすのは意外と難しいんだけど、その境目が極端に低いのが特徴的な人物でした。
  1. 2011/08/14(日) 22:05:23|
  2. キャラクターを見る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮想敵リスト

鋼:メタグロス・ハッサム・ナットレイ・ヒードラン
水・ギャラドス・スターミー・スイクン・ブルンゲル・ニョロトノ(キングドラ、ルンパッパ)
ドラゴン:オノノクス・ガブリアス・ラティアス・ラティオス・ボーマンダ・サザンドラ
格闘:テラキオン・ヘラクロス・ゴウカザル・バシャーモ
電気:サンダー・ライコウ・水ロトム・ボルトロス
飛行:ゲンガー・トゲキッス・グライオン
特殊受け:ハピナス・ラッキー・バンギラス・ユキノオー・サマヨール・ポリゴン2
その他:ココドラ・トドゼルガ・ゾロアーク

似たようなリストがあったので自分のものっけてみた。
当時はまだバシャーモやニョロトノが解禁されてなかった都合上バシャーモ、ニョロトノ、キングドラ、ルンパッパを追加した以外はそのまま。
  1. 2011/08/04(木) 17:25:34|
  2. ポケモンメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バトルタワーを登る。

 バトルポイントを稼ぐために勝ち続ける。
 何にも考えずにプレイできること。みがわりちいさくなるラッキーは負ける可能性が限りなく少ないけど、ボタンを押す回数が多くなるのでNG。
 
 ということで使っていたのが下記。ダブルバトルにしている理由は、シングルだとぜったいれいどで一体持って行かれたあとのリカバリーが利きにくいから。

サンプル1 あられ軸
ユキノオー まもるこおりのつぶてくさむすびふぶき@タスキ
ヒードラン ねっぷうだいちのちからりゅうのはどうオーバーヒート@メガネ
ガブリアス まもるドラゴンクローいわなだれじしん@オボン
氷ロトム  ふぶき10まんボルトいばるトリック@スカーフ

サンプル2 手動雨
キングドラ あまごいなみのりハイドロポンプりゅうのはどう@みずのジュエル
ルンパッパ ねこだましなみのりくさむすびれいとうビーム@きゅうこん
メタグロス まもるコメットバレットじしん@オボン
ラティオス まもるあまごいりゅうせいぐんかみなり@ドラゴンジュエル

 連勝数だけじゃなく、かかった時間まで計っておくといいんだけどね。次はニョロトノ軸かなー。

 8/2追記
 これ、重力フリーフォールを使えばスムースに勝てるんじゃないか……?
  1. 2011/08/02(火) 20:00:45|
  2. ポケモンメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tworon

Author:tworon
生きた足跡を残していきます。
漫画ポケモン料理その他混沌。コンセプトは自分の二回目の人生へ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
自分メモ (2)
ポケモンメモ (47)
漫画メモ (15)
ゲーム民俗学 (4)
poke data (3)
料理メモ (3)
小説感想 (16)
ビジネス (1)
漫画感想 (8)
キャラクターを見る (8)
手軽にそれなり (6)
日記 (5)
その他読書メモ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。